サラリーマンSEの勉強ブログ

情報処理技術者試験の全区分制覇、TOEICのスコアアップを目指す、 サラリーマンSEのブログ。
モチベーションの維持を目的に、勉強記録と勉強方法を中心に綴ります。

・直近の受験予定
 【情報処理】SA:2018/10/21 【TOEIC】L&R:2019/01/27
・現在の取得区分・TOEICスコア
 【情報処理】ST,AU,PM,SC,AP,FE 【TOEIC】L&R:560 (L:300 R:260)

暖機

今日は昨年作ったSA対策ノートのうち
午後2の2問と
午前2の間違い直しに目を通した。

午後2は比較的イメージしやすいストーリーのものを選んだ。
自分で経験したことではないにしても、
設問に沿って、採点者が理解し易く書かれているか?
良いサンプル論文を問題文や設問とセットで
覚えるくらい読み込んでおくと良い。

合否を分けるのは午後1の練習量と分かっていても
負荷の小さい方に流れてしまっている。

まぁ徐々にエンジンを温めていこう。


・定量目標と進捗
【情報処理】SA
(読込進捗)前2:-問 後1:-問 後2:5問
(読込目標)前2:-問 後1:-問 後2:-問
(演習進捗)前2:-問 後1:-問 後2:-問
(演習目標)前2:-問 後1:-問 後2:-問
【TOEIC】目標650
(進捗)ピ単:5周 英文法:1周 弱克リ:1周 公式:2周
(目標)ピ単:10周 英文法:5周 弱克リ:5周 公式:5周

↓ためになるブログがたくさんあります。
にほんブログ村 資格ブログ ビジネス系資格へ

午後2は難しくない

今日は昨年作ったSA対策ノート
4冊のうち1冊を読み返した。

1冊目は前半がAU対策だったので
午後2が3問だけだ。
問題文・設問と
設問を元にした見出し、
見出しに対応した論文ストーリーが
教科書から転記されている。

赤ペンでそれぞれの対応関係も明示されており、
午後2はこういう感じだったと思い出せた。
基本は設問の要求事項を
問題文の例に似せて漏れなく書けばいい。

ただストーリーについては、サンプル論文だけでは弱い。
自身の経験に基づく
オリジナルストーリーを用意したいところ。
デティールで文字数が稼げないし、
リアリティーがないと説得力もなくなる。

午後2は設問を元に見出しを作った後、
どのようにストーリーを組み立てるか?
構成力がカギとなる。

ただ、そう難しく考えることはない。
問題文の例を読んで、
自身の経験や
サンプル論文の疑似体験を重ねられれば何とかなる。

やはり午後1演習の量が合否を分ける気がする。


・定量目標と進捗
【情報処理】SA
(読込進捗)前2:-問 後1:-問 後2:3問
(読込目標)前2:-問 後1:-問 後2:-問
(演習進捗)前2:-問 後1:-問 後2:-問
(演習目標)前2:-問 後1:-問 後2:-問
【TOEIC】目標650
(進捗)ピ単:5周 英文法:1周 弱克リ:1周 公式:2周
(目標)ピ単:10周 英文法:5周 弱克リ:5周 公式:5周

↓ためになるブログがたくさんあります。
にほんブログ村 資格ブログ ビジネス系資格へ

英文法一周

昨日は語法の練習問題(Practice Test10)をやった。
10問中6問正解だったが、
毎度テーマとポイントを絞れている状況で
この結果はマズい。
ひたすら復習あるのみだが
イレギュラー問題が気になって上手く処理できない。

例えば以下。

As there have been some changes in company policy, the employee handbook needs           at the soonest possible opportunity.

下線部の選択肢
(A)to revise
(B)revising
(C)have revision
(D)be revised

“handbookはできるだけ早く修正される必要がある”
という内容は読み取れる。
ただto be revised が選択肢にないので困る。
なんと答えはing。
“修正される”(受け身)でing は選べねえだろ!
needsの後は特例でingで受け身の意味を表せるらしい。


今日は総仕上げと英文法模擬テストをやるつもりだったが、
全然総仕上げという完成度でもないので
総仕上げを読むだけにした。

直前5日でやる本を半年かけてやった感想として
何となく下地はできた感覚はある。
ただ通算で2〜3周目でも間違う問題はしっかり間違える。
TOEIC600点のランク帯、
クラロワで言うならトロフィ3000辺りの沼といったところか。

結局、成果は時間を投資した量に比例する。
今は全然足りてないから成果も全然なだけだと思う。
さらに周回して習熟度を上げていくと共に
苦手を中心に克服していこう。


・定量目標と進捗
【情報処理】SA
(読込進捗)前2:-問 後1:-問 後2:-問
(読込目標)前2:-問 後1:-問 後2:-問
(演習進捗)前2:-問 後1:-問 後2:-問
(演習目標)前2:-問 後1:-問 後2:-問
【TOEIC】目標650
(進捗)ピ単:5周 英文法:1周 弱克リ:1周 公式:2周
(目標)ピ単:10周 英文法:5周 弱克リ:5周 公式:5周

↓ためになるブログがたくさんあります。
にほんブログ村 資格ブログ ビジネス系資格へ

動名詞と不定詞

今日は英文法の鉄則27を学習した。
覚えるしかない系の問題は嫌いじゃないが
正直すぐ忘れる。

なんとなく覚えてるというレベルでは
正解できないのが嫌らしい。

・動名詞(doing)が続く動詞
 miss 〜しそこなう
 avoid 避ける
 include 含む
 deny 否定する
 suggest 提案する
 keep 〜し続ける
 finish 終える
 consider 考慮する

・不定詞(to do)が続く動詞
 expect 予期する
 agree 同意する
 promise 約束する
 appear 〜のようだ
 remain 〜のままである
 fail 〜しない

・toの後に動名詞や名詞が続く語句
 look forward to 〜を楽しみにする
 be subject to 〜の対象となる
 be opposed to 〜に反対する
 dedicated to 〜に献身する
 contribute to 〜に貢献する
 be used to 〜に慣れている

少しずつでも継続しないと知識は定着しないだろう。。


・定量目標と進捗
【情報処理】SA
(読込進捗)前2:-問 後1:-問 後2:-問
(読込目標)前2:-問 後1:-問 後2:-問
(演習進捗)前2:-問 後1:-問 後2:-問
(演習目標)前2:-問 後1:-問 後2:-問
【TOEIC】目標650
(進捗)ピ単:5周 英文法:1周 弱克リ:1周 公式:2周
(目標)ピ単:10周 英文法:5周 弱克リ:5周 公式:5周

↓ためになるブログがたくさんあります。
にほんブログ村 資格ブログ ビジネス系資格へ

ぼちぼちSA準備開始

10月の第3日曜日に向かって
心の準備を開始した。

ラインナップはおおよそ頭に入っており
課題はやはり午後1。
午前2も気を抜けないが、基本勝負は午後1で決する。

直近の連敗の反省からすると
時間を計って解くという基本に立ち帰らなくてはなるまい。

ただやはりダルいので今日のところは
教科書の午後2の攻略に関する部分を読んで
何となく感覚をよみがえらせた。

午後2も簡単じゃない。
本来準備に一番時間がかかる箇所だ。
ただ実際に書くよりはどう対処するか?
ストーリーの構築力を高められるよう
過去問でシミュレーションを繰り返すのが
午後2攻略の最適解だと思う。

やはり最も時間をかける必要があるのは午後1。
演習をどれだけやり込めるか?
残る高度情報処理技術者試験でも
最も可能性があるのがSA。
今回落とすとシード権の維持も難しくなる。

仕事が忙しくても休日はたっぷり時間がある。
過去問も忘れてる可能性はあるが、
初見のものはほとんどないはず。

ST,PM,AUに合格しているのだから
それほど高いハードルでもない。
これはもう意志と覚悟、集中力の問題だろう。


・定量目標と進捗
【情報処理】SA
(読込進捗)前2:-問 後1:-問 後2:-問
(読込目標)前2:-問 後1:-問 後2:-問
(演習進捗)前2:-問 後1:-問 後2:-問
(演習目標)前2:-問 後1:-問 後2:-問
【TOEIC】目標650
(進捗)ピ単:5周 英文法:1周 弱克リ:1周 公式:2周
(目標)ピ単:10周 英文法:5周 弱克リ:5周 公式:5周

↓ためになるブログがたくさんあります。
にほんブログ村 資格ブログ ビジネス系資格へ
プロフィール

fhiyoshi

Twitter プロフィール
サラリーマンSE兼投資家。40歳独身。『株闘道場』主。趣味:投資、ゲーム、ブログ、ツイッター、読書。食物:麺類、寿司。ゲーム:クラロワ、サマナ。小説:村上春樹。漫画:ジョジョ、H×H。音楽:レッチリ。チーム:ユーベ。選手:イブラ。女性:聞き上手。店:ジョナサン、サイゼ、くら。資格:ST,AU,PM,SC,AP,FE
最新記事
最新コメント
使用中の教材
情報処理教科書 データベーススペシャリスト 2018年版
情報処理教科書 データベーススペシャリスト 2018年版 

情報処理教科書 高度試験午前I・II 2018年版
にほんブログ村ランキング
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ