『TOEIC TEST 模試特急 新形式対策』(以下、新特急)の
Part5の125-127の解答解説を読んだ。
Part5は文法や語彙。
過去問など勉強量が
最も結果に出やすいPartだと思う。

126と127が不正解。

126
value A over B: BよりもAに価値を置く
choose A over B: BよりもAを選ぶ

127
opening: 空き・就職口
a job opening: 求人
opener: 開ける道具

語彙も
"何となく"を"しっかり"に変える意味でメモる。

introduce A to B: AをBに紹介する
welcome 人 to 場所・組織: 人を歓迎する
greet 人: 人を歓迎する・人に挨拶する
award A B/ A with B/ B to A:
 AにBを与える
depend/ rely upon X: Xに頼る
experienced:(形)経験豊かな
distributor:(名)卸売業者
investment house: 投資会社
typically:(副)一般的に・たいてい (類)normally
lease:(動)〜を賃貸する・貸借する (類)rent
attract:(動)〜を引きつける (類)appeal to


語彙対策は銀のフレーズ。
前半は余裕だが、後半になると
意味がパッと出てこないものもぽつぽつある。
余裕と言っても和文→英文は出てこない。
電車の中ではabceedで音声を繰り返し聴き、
手が空いてる時は冊子に赤シートを当てながら確認。
可能なら口パクでも音読するようにする。
金のセンテンスに移行する前にもう1周しようと思う。


・定量目標と進捗
【情報処理】SM
(読込進捗)前2:-問 後1:-問 後2:-問
(読込目標)前2:551問 後1:15問 後2:13問
(演習進捗)前2:-問 後1:-問 後2:-問
(演習目標)前2:-問 後1:3問 後2:1問
【TOEIC】目標600
(進捗)銀フ:2周 金セ:0周 新特急:0周 公式:0周
(目標)銀フ:9周 金セ:3周 新特急:3周 公式:3周

↓ためになるブログがたくさんあります。
にほんブログ村 資格ブログ ビジネス系資格へ