『TOEIC TEST 模試特急 新形式対策』(以下、新特急)の
Part6の135-138の解答解説を読んだ。
Part6も文法や語彙。
Part5と違い複数の文で構成されるため、
話の流れを考慮する必要がある。

135-136が不正解。

135
be pleased to do: 喜んで〜する
 (類)be delighted to do; be happy to do
pleasant:(形)心地よい

136
interviews: 面接官
applicants: 応募者 (類)candidate

語彙も
"何となく"を"しっかり"に変える意味でメモる。

prestigious:(形)高名な (類)renowned
informal:(形)形式ばらない (類)casual
hold a reception: 歓迎会を催す
cafeteria:(名)食堂
greet:(動)〜に挨拶する
organize:(動)〜を計画する
participate:(動)参加する
otherwise:(副)さもなければ・そのほかの点では
occasion:(名)行事・場合


語彙対策は銀のフレーズ。
前半は余裕だが、後半になると
意味がパッと出てこないものもぽつぽつある。
余裕と言っても和文→英文は出てこない。
電車の中ではabceedで音声を繰り返し聴き、
手が空いてる時は冊子に赤シートを当てながら確認。
可能なら口パクでも音読するようにする。
金のセンテンスに移行する前にもう1周しようと思う。


・定量目標と進捗
【情報処理】SM
(読込進捗)前2:-問 後1:-問 後2:-問
(読込目標)前2:551問 後1:15問 後2:13問
(演習進捗)前2:-問 後1:-問 後2:-問
(演習目標)前2:-問 後1:3問 後2:1問
【TOEIC】目標600
(進捗)銀フ:2周 金セ:0周 新特急:0周 公式:0周
(目標)銀フ:9周 金セ:3周 新特急:3周 公式:3周

↓ためになるブログがたくさんあります。
にほんブログ村 資格ブログ ビジネス系資格へ